• 電子書籍の市場は広がっています

    紙媒体の書籍や雑誌の市場は、近年急激に落ち込んでいます。
    しかし、出版社は新刊を販売し続けないと売り上げを維持できない体制であるので、新刊の出荷数は下がっていません。
    紙媒体の書籍の売り上げは落ち込んでいるものの、電子書籍の市場は広がっており、プロモーション用としても用いられています。

    また、個人でも電子出版できるプラットフォームの種類は増えており、電子書籍の作品数も増加しています。
    ただし、ベストセラーになっているものはごく一部です。

    紙媒体の書籍が落ち込んでいるのに対し、電子書籍全般の売り上げ高は大きく上昇しています。
    また、その売り上げのうちの8割をコミックが占めており、漫画の人気の高さを示しています。

    この売り上げの上昇は日本だけのものではなく、アメリカやイギリスを中心とする、海外でも電子書籍は急激に広まっています。

    人気上昇中の電子書籍についての情報をお探しの方は必見です。

    今では、世界中での書籍売り上げ高の10分の1以上を占めています。

    また、雑誌に関しても、紙媒体の雑誌の販売数は下降しているのに対し、電子では大きく増加しています。

    個人でも電子出版できることが、この市場の成長要因の大きな一つだと考えられています。



    個人でも電子出版することにより、著者になることができますが、大きな販売量が望めるとは限りません。電子書籍の売り上げ高は大きく増加しているとはいえ、ベストセラーになる著者は少ない状況です。

    電子出版し、大きな販売量を得るためには、出版だけではなくマーケティングなども重要です。



  • 人に言いたいビジネス

    • 電子書籍は、データ化した本をスマホアプリやパソコンで読むことができます。今や電子書籍サイトも増加しており、ネットユーザーなら一度くらいは利用したことがある人も多いでしょう。...

  • ビジネスの情報分析

    • 書籍が売れない時代になったといわれています。実際、廃業する書店も少なくありません。...

  • ビジネスの対策方法

    • パソコンとインターネットの普及に伴い、更に便利に持ち運びができるタブレットやスマートフォンが台頭してきたことにより、電子書籍のサービスも数年前と比較すると大きく数を増やしてきています。紙媒体の本と比べるとページをめくる感覚がない、コレクション性に欠けるといった声も最初の内は囁かれていましたが、本棚を圧迫しないというのはなによりのメリットで、それによって電子書籍は更なる飛躍を遂げていると言えます。...

  • 読めば解るビジネス

    • 電子書籍は、書籍が電子データとして作られ、様々な端末から読めるようにした物です。たいていの電子書籍は、本を読むためのタブレットの形状をした専用リーダーがなくても、インターネットに繋げられるパソコン、スマートフォン、タブレットがあればどの場所でも、時間を気にすることなく読めます。...